プロポリスの手引き

セサミンとビタミンEで効率的なアンチエイジング

1.セサミンとビタミンE

ゴマに含まれる脂溶性の抗酸化物質「ゴマリグナン」の一つであるセサミンは、抗酸化作用が高く、老化やさまざまな疾患の原因となる過酸化脂質の生成を抑える働きのある成分です。
セサミンと同様に、活性酸素から身体を守る作用を発揮する成分にはビタミンEが挙げられます。
共に優れた抗酸化物質であるために、あわせて摂ることで相乗効果が期待できるのです。
この記事では、セサミンとあわせて摂りたいビタミンEについてご紹介します。

2.セサミンとあわせて摂りたいビタミンEとは

ビタミンEとは、強力な抗酸化作用を持つ脂溶性ビタミンの一つで、大きく「トコフェロール」と「トコトリエノール」の2つに分類される成分です。
それぞれに「α」、「β」、「γ」、「δ」と4種ずつ計8種類の化合物が存在し、それらを総称してビタミンEと呼びます。
中でももっとも強い活性を持つ「α-トコフェロール」は、体内に存在するビタミンEの90%を占める代表的な成分で、一般にビタミンEとはα-トコフェロールのことを指しています。
脂溶性ビタミンであるビタミンEは、細胞膜のリン脂質二重層内に多く存在し、生体膜を構成する不飽和脂肪酸や、そのほかの脂溶性成分を活性酸素から守る役割を担っています。
また、細胞の中の核や遺伝物質などの重要な器官を酸化から守るため、老化防止にも役立っています。
体内では細胞膜に多く存在するほか、心臓や肝臓、脂肪組織や筋肉、副腎や卵巣、血液といった多くの組織でも蓄積されています。
ビタミンEはゴマなどの種実類をはじめ多くの食品に含まれており、脂溶性のため脂質と一緒に調理すると吸収率が高まるだけでなく、水洗いや茹でるなどの過程で損なわれにくいのが特徴です。

2-1.ビタミンEの持つ抗酸化作用とは
ビタミンEの中でも抗酸化力がもっとも強いα-トコフェロールは、代謝で生じる活性酸素の影響から細胞を守り、老化防止や血管の酸化を防いで血行促進や改善に役立っています。
活性酸素は本来、病原菌などの感染防御のために働く重要な物質ですが、強力な酸化力を持つため、過剰に発生すると自身の細胞まで攻撃してしまうのです。
この酸化にもっとも影響されるのが、細胞に柔軟性や弾力を与える作用のある不飽和脂肪酸で、活性酸素から攻撃されると過酸化脂質へと変性します。
過酸化脂質は細胞膜を破壊してビタミン類や酵素の働きを妨げ、老化の進行や発がん性物質の発生を招く原因となる有害な物質です。
細胞膜に存在するビタミンEは反応性が高く、活性酸素とすばやく結合して消去する性質があります。
そのため不飽和脂肪酸の酸化を未然に防ぐと共に、自身はビタミンEラジカルへと変化して抗酸化作用を失うことで、体内のほかの成分への酸化の連鎖も防いでいるのです。

3.セサミンとビタミンEをあわせて摂るメリットとは

3-1.抗酸化作用がさらに高まる
セサミンもビタミンEも共に、強力な抗酸化物質という共通点がありますが、体内で働く場所が異なるのが特徴です。
セサミンは特に肝臓内で、ビタミンEは細胞や血管内でそれぞれ作用する違いがあり、両者をあわせて摂ることで抗酸化作用をより高める効果が期待できるわけです。
体内でもっとも活性酸素を発生させる肝臓では、抗酸化酵素の働きによって肝臓内の活性酸素が消去されますが、酵素の量は加齢に伴い減少する性質があります。
ビタミンEは血管内などで抗酸化作用を発揮するとはいえ、肝臓の細胞内にも存在しています。
肝臓内で活性酸素を消去するうえに肝機能向上の作用のあるセサミンを摂ると、肝臓中のビタミンEの浪費の予防につながります。
つまり、ビタミンEが血中のLDL(悪玉コレステロール)の酸化を防いだり、過酸化脂質の生成を抑えたりと、血管内や細胞内での抗酸化作用を十分に発揮できることになるわけです。
セサミンとあわせてビタミンEを摂ることで、肝臓内のビタミンEの作用が活性化されて全身に行きわたることになるため、血管の健康維持や老化防止といった効果が期待できるのです。

3-2.ホルモンバランスを整える
セサミンとビタミンEとの共通点には、ホルモン代謝に関わる成分である点も挙げられます。
セサミンなどを含むゴマリグナンは「植物性エストロゲン」とも呼ばれている成分で、女性ホルモンのエストロゲン(卵胞ホルモン)によく似た作用があります。
エストロゲンとは、女性らしい身体づくりや妊娠・出産の環境を整えるなどの生殖機能に関わるほか、生命維持に必要な呼吸や発汗、血行などの機能を調整するために働くホルモンです。
セサミンなどのゴマリグナンは体内でエストロゲンと同様な働きをする成分のため、ホルモンバランスを整え、生殖機能や生命維持のための機能が正常に作用する後押しをしているのです。
また、副腎や卵巣にも蓄えられるビタミンEは、女性ホルモンの一つであるプロゲステロン(黄体ホルモン)の材料にもなります。
ホルモンバランスが大きく変化する更年期の積極的なビタミンEの摂取は、特有の症状の緩和や軽減に役立つと考えられているのです。
セサミンとビタミンEはお互いの作用を補いあう関係性にあるため、両者をあわせて摂ることで相乗効果が期待できるわけです。