プロポリスの手引き

セサミンの成分のオリザプラスって何?

オリザプラスとは、サントリーが独自に開発をした新成分で、玄米に含まれている玄米ポリフェノールを凝縮した成分になります。
日本人にとって、玄米は馴染みの深い食材であり、ビタミンB群や食物繊維が豊富に含まれており、古くから広く庶民に食べられてきた食材でもあります。
しかし、江戸時代に入って白米を食べるようになってからは、玄米を食べる人が急激に少なくなり、日本の食卓で玄米の姿を見ることはほとんどなくなりました。

白米は、米の栄養が最も多く含まれている糠や胚芽を玄米から取り除くことで作られているので、玄米と比べると栄養価が低く、さらに食の欧米化によって野菜や穀物の摂取が減って、油や肉中心の食生活に変化をした日本
人の健康状態はどんどん悪くなっていると言われています。
そこで、近年の健康ブームによって、再び玄米が脚光を浴びることになったのです。

皆さんも、オリザプラスという言葉は知らなくても、玄米が健康に良い食べ物だということは知っているのではないでしょうか?
では、玄米に含まれるオリザプラスにはどのような効果が期待できるのでしょうか?
まず、オリザプラスがおこなう働きとして1番に注目をされているのが自律神経を整える働きです。

更年期障害の症状に悩む女性に、1~2週間オリザプラスを摂取してもらったところ、のぼせ、頭痛、不眠、疲労感といった更年期障害の症状について、70%以上の人に改善がみられたという実験結果もあります。
また、オリザプラスには血行促進効果もあるため、肌の血行を良くして、肌のくすみをなくし、美しい肌を保つ効果を期待できます。
昔の人は、米ぬかを美容液として顔や全身に塗って肌の手入れをおこなっていたと言いますから、オリザプラスの持つ効果は、サントリーから発見をされるずっと前から日本人に知られていたのですね。

また、オリザプラスには、強い抗酸化作用と肝機能を保護する働きがあることもわかっており、アルコールとオリザプラスの両方を与えたマウスと、アルコールのみを与えたマウスの血液の状態と肝機能の状態を比べたところ、オリザプラスを与えたマウスの方が、血液の酸化や肝機能の低下が少ないという実験結果も出ています。
セサミンにも、抗酸化作用と肝機能を正常に働かせる作用がありますから、セサミンとオリザプラスを組み合わせて摂取することで、さらなる効果を期待することができますし、セサミンやオリザプラスの持つ疲労改善の効果は、両者を組み合わせることでより高い効果を現すこともわかっているのです。
現在、オリザプラスのみを配合したサプリメントは販売をされていませんが、オリザプラスとセサミンの両方を配合した新しいサプリメントがサントリーから販売をされているので、疲れを感じている人やお酒を多く飲む人などは、一度試してみてはいかがでしょうか?