プロポリスの手引き

セサミンを飲んでいる年齢層は?

セサミンには、老化の原因となる活性酸素の発生を抑える抗酸化作用があります。
活性酸素は、体内に侵入をした細菌やウイルスを撃退するという人体にとって重要な働きをおこなっているのですが、その一方で、人体を構成している細胞に含まれる不飽和脂肪酸という油と活性酸素が結びつくことで過酸化物質となり、細胞を老化させるという働きもおこなっています。
ストレス、紫外線、タバコ、食生活などの外的要因によって活性酸素の発生が活発におこなわれると、細胞の老化が進み、肝機能が低下をして疲れやすくなったり、血液を循環している悪玉コレステロールと活性酸素が結びついて血液の流れが悪くなることで、動脈硬化、心筋梗塞、脳梗塞などの病気に発展する可能性もあります。

また、活性酸素が多く分泌されることでメラニンの生成が活発となり、シミやそばかすができやすくなります。
このように、活性酸素の過剰な分泌は、体全体の細胞を酸化させて、体の内側、外側を問わずに老化を進行させます。
ある程度の年齢に達すると、「何だか疲れやすくなったな?」「シミやそばかすが増えてきたな?」と感じることが増えてきますよね?

それは、活性酸素の発生によって体が老化をしている証拠なのです。
本来、人間には抗酸化酵素の働きによって、発生をした活性酸素の除去をおこない、細胞の酸化を抑える力が備わっています。
しかし、この抗酸化酵素の力は加齢によって減少をする特徴があり、個人差はあるものの、40歳を境に急激に減少をすると言われています。

そのため、細胞の酸化を抑えて健康で若々しい体を維持するためには、体の外から抗酸化作用のある成分を摂り入れる必要があり、抗酸化作用が高いと言われているセサミンを摂取することが有効だと考えられているのです。
ただ、だからと言って若い人がセサミンを摂取する必要がないというわけではありません。
先ほどもお話しをしたように活性酸素の発生は、ストレス、紫外線、食生活などの外的要因によって活発になります。
ストレスが多く、生活習慣が乱れている現代では、若い人でも細胞の酸化が進んでいる場合が多いのです。
セサミンは天然の成分であるため体に害のあるものではありませんし、より若々しい状態を保ちたいと考えている人は、老化が進んでいない若い年齢のうちから摂取を始めることをお勧めします。