プロポリスの手引き

ゴマでモリブデンをバランスよく摂取

1.ゴマに含まれているセサミン以外の栄養素、モリブデン

ゴマに含まれているセサミン以外の栄養素には、鉄や銅、亜鉛など貧血の予防に有効なミネラルが複数含まれている点が特徴といえます。
その中でも「モリブデン」というミネラルには、鉄の代謝や銅の排泄などの作用があり、貧血予防に役立つ成分なのです。
この記事では、ゴマに含まれているミネラルのモリブデンについてご紹介します。

2.ゴマに含まれているモリブデンとは

モリブデンとは、人体の活動や生命維持に必要な代謝に関わる必須ミネラルのひとつで、人体内には約0.1mg/kg存在すると見込まれ、肝臓や腎臓に多く分布する成分です。
そもそもモリブデンは、輝水鉛鉱という鉱石から発見された銀白色の金属で、硫黄と結びつきやすい性質を持ち、地球上の窒素循環や硫黄循環に関わっています。
人体内では肝臓や腎臓のほかに、骨や皮膚などに分布し、尿酸の生成や造血、体内の銅の排泄などに作用しています。
食品ではゴマなどの種実類や豆類、穀類といった植物性食品に多く含まれ、牛や豚の肝臓にも含有量が多くなっています。
食事などで摂取したモリブデンは胃腸で吸収されますが、その吸収力は高く、食品に含まれるモリブデンの約75%が体内で利用されると考えられています。
体内での具体的な働きの詳細は明らかにされていないものの、酵素の構成成分として作用し、糖質や脂質の代謝を促す役割を担っているミネラルなのです。

2-1.モリブデンの補酵素としての働きとは
生体内でモリブデンは、さまざまな代謝の過程に必要な酵素の機能を助ける補酵素として関わっているのが特徴です。
人を含むほ乳類の体内では、キサンチンオキシダーゼやアルデヒドデヒドロゲナーゼ、亜硫酸オキシダーゼの補酵素として機能することが知られています。
これら3種の酵素は、物質が化学変化をおこなう過程で電子・酸素・水素がやり取りされる酸化還元反応を促す働きをし、体内での多様な代謝に関わるほか、尿酸の合成に重要な役割を担っています。
尿素とは、体内の代謝の過程で発生するさまざまな物質が、最終的に体外に排泄されるために分解・合成される老廃物です。
モリブデンが構成成分となっているキサンチンオキシダーゼは、食品中のプリン体の物質の代謝に関わる重要な酵素で、プリン体が分解されて尿素に変換される際に関わっています。
また、アルデヒドデヒドロゲナーゼは、アルコールが酸化されて合成されるアルデヒドをカルボン酸に変換する酵素です。
アルコール代謝に必須であるアルデヒドデヒドロゲナーゼは、体内でのエネルギー源のひとつに利用される酢酸を代謝によって合成しています。
亜硫酸酸化酵素は、毒性のある亜硫酸イオンを毒性の低い硫酸イオンに変換する働きがあります。
このように、モリブデンは約20種類の酵素の構成成分としてさまざまな代謝に関わっているわけです。

2-2.モリブデンの過不足の影響について
モリブデンは胃や小腸で吸収されるミネラルのため、体内への吸収率が比較的高くなっています。
人体に必要なモリブデンの量は、成人男女共に20mcg/日と非常にわずかで、通常の食事をする分には十分まかなえるため、モリブデンが不足することはほとんどありません。
モリブデン不足で起こる可能性があるのは、

  • ・貧血
  • ・疲労
  • ・尿酸代謝障害

といった症状が挙げられます。
また、栄養素を静脈から直に注入して補給する方法の完全静脈栄養を長期に続けていると、モリブデンが不足し頻脈や多呼吸、神経過敏、昏睡といった症状が現れる可能性があります。
一方、過剰にモリブデンを摂取してもすぐに尿と共に排泄されるため、健康に有害な影響が及ぶ心配もほとんどありません。
ただし、モリブデンは銅と深く関わっている成分のため、体内の銅が極端に少ない場合、モリブデンの中毒症状が生じる危険性が高まります。
モリブデンの急性中毒では下痢を伴う胃腸障害が生じ、昏睡状態や心不全を招く場合があり、慢性中毒では関節痛や高尿酸血症など、痛風に似た症状が現れるとされています。

3.ゴマに含まれるモリブデンと貧血予防効果について

モリブデンには、貧血予防に効果的な栄養素である鉄の利用効率を高める働きがあります。
ヘモグロビンを作るために必要な鉄が不足すると、モリブデンは肝臓に貯蔵されている鉄の運搬のために作用し、体内で効率よく鉄が利用されるのを助けているのです。
モリブデンのこの作用により、鉄不足が原因となる機能鉄欠乏性貧血を予防する効果が期待できます。
また、モリブデンは体内に必要以上に銅が増えないために、余分な銅の体外への排出を促して蓄積を防ぐ役割も担っています。
逆にモリブデンの量が過剰になると、体内に必要な分の銅まで排出して鉄の吸収を妨げたり、鉄の利用効率を低下させたりします。
貧血予防の効果を得るには、いずれのミネラルもバランスよく摂ることが重要です。
ゴマにはこの3つのミネラルが全て含まれているため、ゴマの適度な摂取を習慣化すると、貧血予防に有益な効果が期待できるのです。