プロポリスの手引き

セサミンってどうやって開発されたの?

セサミンを初めて発見したのは、飲料メーカーで有名なサントリーの研究者でした。
面白い話ですが、セサミンの発見は意図したものではなく、ひとつの実験の失敗がきっかけであったと言われています。
1983年に京都大学とサントリーの共同研究として、体に良い働きをする油を追求する「夢のあぶらプロジェクト」が発足されました。

そして、その研究の中で体に良い働きをおこなうアラキドン酸を生成する微生物を発見し、その成分を増やすためにさまざまな油をタンクに入れて発酵をする実験を繰り返していたそうです。
しかし、ごま油を入れた発酵タンクだけはどうしてもアラキドン酸を生成することができずに、結局、この実験は失敗に終わりました。
普通の人でしたらそこで実験は終わるのですが、サントリーの研究者は、ごま油だけがアラキドン酸を生成することができないという特色に着目をしてさらに研究を進めることにしました。

そして、あらためてゴマについての研究を進めた結果、当時は誰も知らないセサミンという成分を見つけることができたのです。
それから長い年月をかけて研究、開発をおこない1993年に、とうとう第一号となる「セサミン」を販売することになりました。
しかし、当時は健康ブームの真っ只中であったため、青汁やローヤルゼリーと言った他の健康食品に押されて、セサミンが売れることはほとんどなかったそうです。

それでも、諦めることなくさらなる研究を重ねて、サントリーは店頭で販売をすることだけに特化をするのではなく、セサミンの持つ効果を広く知ってもらうために、販売方法を通信販売中心に切り替えました。
その結果、徐々にセサミンの持つ効果が知られるようになって、販売個数も伸びてくるようになったのです。
そして、2008年には、セサミンの持つ効果を科学的に解明したことや、健康食品として開発をした功績が高く評価をされて、セサミンの開発者は、社団法人日本農芸科学会より農芸科学技術賞を受賞するまでになりました。
このように、今では広く知られているセサミンも、20年以上の長い年月をかけて研究、開発をおこなってようやく多くの人に知られるようになったのです。

現在ではセサミンサプリメントもたくさんの種類が売られています。
そのなかでも人気がありリピーターが多い商品がhttp://xn--vckl3i8c.biz/ストロンリグ口コミ.htmlで紹介されています。
気になる商品がありましたら、ぜひお試しください。
また、参考にセサミンの効果を実感された方のセサミンの体験談も是非ご覧ください。