プロポリスの手引き

ゴマに含まれているセサミン以外の栄養素(カロテン)

1.セサミンとあわせて摂りたいもの(カロテン)

ゴマに含まれる抗酸化成分のセサミンとあわせて摂りたいものには、強力な抗酸化力を持つカロテノイドの一つのβ-カロテンも挙げられます。
体内に摂り込まれるとビタミンAに変換される性質を持つβ-カロテンは、皮膚や粘膜の健康を維持したり、正常な視機能を保ったりする働きのほかに、ガンの予防や抑制にも大きく役立つ成分です。
優れた抗酸化力を持つ成分同士をあわせることで、より高い効果が期待できるため、セサミンとβ-カロテンは組み合わせに適した関係性にあるといえるでしょう。
この記事では、セサミンとあわせて摂りたいβ-カロテンについてご紹介します。

2.セサミンとあわせて摂りたいβ-カロテンとは

β-カロテンとは、緑黄色野菜などに多く含まれる色素成分であるカロテノイドの一つで、強力な抗酸化力を持つ栄養素です。
そもそもカロテノイドは動植物に存在する、赤や黄色・橙赤色など天然色素の総称で600種以上が発見されており、アルコールに溶けるカロテン類とアルコールに溶けないキサントフィル類とに大別されます。
植物に含まれるカロテノイドの中でもカロテン類に属するβ-カロテンは、摂取すると小腸上皮細胞でビタミンAに変換されるプロビタミンA(ビタミンA前駆体)の一つでもあります。
β-カロテン以外のプロビタミンAにはα、γ、クリプトキサンチンなど約50種が存在しますが、β-カロテンはビタミンAとしての作用がもっとも高い栄養素なのです。

2-1.β-カロテンの吸収や体内での作用について
食品から摂取したβ-カロテンは、約1/3が小腸で吸収され、体内での必要量だけがビタミンAに変換される性質を持ちます。
脂溶性物質であるビタミンAは、性質上の理由から過剰摂取に注意する必要があるものの、β-カロテンで摂取する分には必要量のみ変換されるので、過剰症を招く心配はありません。
ビタミンAに変換されたβ-カロテンは、体内で他の栄養素の働きを促す作用があり、特にビタミンB群やビタミンD、Eなどが作用する際には、十分な量のビタミンAを必要とする成分です。
他の栄養素の持つ作用や効果を発揮させる後押しをするため、ビタミンA以外の栄養素とあわせてバランスよく摂ることが重要なのです。
なお、食品中のβ-カロテンは食材や調理法により、吸収率が10%以下~60%までと、大きく異なるのが特徴といえます。
脂質とあわせて摂ると吸収力が高まることが判っているため、油で調理したり脂溶性の成分と共に摂ったりするのが効果的です。

2-2.β-カロテンの作用や効果について
β-カロテンにはプロビタミンAとしての作用以外に、活性酸素から細胞を守る抗酸化作用、皮膚や粘膜の健康を維持するなどの働きがあります。
特にβ-カロテンはカロテノイドの一つであるため、体内に過剰に発生した活性酸素を消去する抗酸化作用を備えているのが大きな特徴です。
カロテノイドは、光合成をおこなう植物が紫外線の影響によって大量に発生する活性酸素の害から自身を守るために作り出した抗酸化成分で、その働きは人体に摂り入れても同様の効果を発揮します。
活性酸素は本来、病原菌の感染から身体を防御するなどの働きを持つ、人体の健康維持に欠かせない物質ですが、過剰に発生すると正常な細胞まで攻撃する性質があります。
活性酸素により細胞の損傷がくり返されると、老化を助長したり、生活習慣病の原因となる動脈硬化を招いたりする以外に、ガンの発症リスクを高める原因ともなってしまいます。
β-カロテンは強力な抗酸化力を持つ成分のため、人体内の成分や細胞を保護し、老化の進行を遅らせたりさまざまな疾患を防いだりする効果が期待できるのです。

3.セサミンとカロテンをあわせて摂るメリットとは

前述のように、β-カロテンは脂質と一緒に摂ることで吸収率が高まる性質があります。
セサミンを含んでいるゴマは全体の約50%が脂質でできているため、β-カロテンとあわせて摂ると吸収率が高まり、お互いの作用や効果を十分に発揮させることが見込めるのです。

3-1.免疫力の向上効果が高まる
β-カロテンから変換されるビタミンAには、人体の粘膜の健康を保つ作用があるため、口や鼻・のど、胃や腸、肺の機能維持や強化に有効です。
これらの器官の粘膜が弱まると、体内に細菌やウイルスが侵入しやすくなり、風邪やインフルエンザにかかりやすくなったり、口内炎や歯茎の腫れなどが起こりやすくなったりしてしまうのです。
一方、脂溶性物質であるセサミンには、ほとんどが水溶性である他の抗酸化成分とは異なり、肝臓の門脈から吸収され、肝臓内に到達してから抗酸化物質に変換される特性があります。
体内で大量の活性酸素を発生させる肝臓内で直に抗酸化力を発揮することで、エネルギー産生をおこなう細胞内のミトコンドリアを酸化から守り、免疫力向上に役立っています。
粘膜の保護に作用するβ-カロテンと、エネルギー生産に欠かせないミトコンドリアの酸化を防ぐために働くセサミンをあわせることで、免疫力の向上に相乗効果が期待できるのです。